天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

田中(観音寺一)2連覇 棒高・高校女子 香川室内跳躍競技会最終日

2018/02/12 09:42

【棒高跳び高校女子】大会2連覇を果たした田中(観音寺一)の跳躍=屋島レクザムフィールド
【棒高跳び高校女子】大会2連覇を果たした田中(観音寺一)の跳躍=屋島レクザムフィールド

 陸上の香川室内跳躍競技会最終日は11日、高松市の屋島レクザムフィールドで棒高跳び、走り高跳びの男女計4種目を行った。棒高跳び高校女子は昨夏のインターハイ準優勝の田中伶奈(観音寺一)が2年連続で頂点に立った。

 田中は3メートル60で優勝。インターハイを制した山地里奈(同)は3メートル50で2位。失敗した3メートル60の1回目の試技で口内を切り、大事を取って以降の試技は棄権した。

 このほか、県勢は走り高跳び高校男子を米谷啓吾(同)が1メートル85で制した。(記録は1位と県勢上位)

 【高校男子】
 ▽走り高跳び (1)米谷啓吾(観音寺一)1メートル85(2)岡田(高松工)1メートル80(3)板東(同)1メートル75

 ▽棒高跳び (1)麻生幹雄(鹿児島南)4メートル60(2)山木(観音寺総合)4メートル40(3)野村(四学香川西)4メートル20

 【高校女子】
 ▽走り高跳び (1)工藤音花(岡山朝日)1メートル55(2)岩本(四学香川西)1メートル55(3)開(高松工)1メートル55

 ▽棒高跳び (1)田中伶奈(観音寺一)3メートル60(2)山地(同)3メートル50

記録伸びず「技術不足」
 ○…棒高跳び高校女子は昨夏のインターハイ2位の田中が2連覇した。ただ、優勝記録は昨大会に10センチ及ばない3メートル60。1年間の成長を結果で示せず「昨年より下がったのはすごく悔しい」と表情は晴れなかった。

 最初の3メートル40を2回目で成功させ、3メートル50は一発クリア。3メートル60は2回目で跳んだ。しかし、続く大会記録(3メートル71)の更新を狙った3メートル72は3度、バーが落下。本格的なシーズン到来前の時期だがベスト記録は4メートル。「普通にいけば跳べる高さを落とした。まだまだ技術不足。踏み切りが昨年夏の感覚に戻れていない」と分析した。

 今後の目標は4メートル10の高校記録の更新を掲げる。春には高校最終学年を迎える17歳は「記録が出たら大会の結果もついてくる。頑張っていきたい」と力を込めた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.