天気予報を見る
 
新聞購読申込

佐賀東、開幕戦飾る 高松商31日仙台育英と 第96回全国高校サッカー選手権

2017/12/31 09:13

 第96回全国高校サッカー選手権は30日、東京・駒沢陸上競技場で開幕し、開会式後の1回戦で佐賀東が関東第一(東京B)を2―0で破って2回戦に進んだ。佐賀東は前半をしのぎ、後半に中里、都渡がゴールした。

 開会式では都道府県大会を勝ち抜いた48代表校(東京2校)が入場行進した。青森山田の主将が初優勝した前回大会に続いて選手宣誓を務め、小山内主将は2020年東京五輪を見据え「日本サッカーの未来への道を担うのは、ここにいる私たち」と堂々と述べた。

 第2日の31日は首都圏8会場で1回戦の残り15試合を実施。県代表で2大会連続23度目出場の高松商は、午後2時10分から神奈川県のニッパツ三ツ沢球技場で5大会ぶり32度目出場の仙台育英(宮城)と対戦する。

 決勝は来年1月8日に埼玉スタジアムで行われる。

堂々と行進 高松商
 ○…開会式に臨んだ県代表の高松商イレブンは入場行進で37番目に登場。青空の下、堂々と行進し、主将のMF伊賀は「元気よく胸を張ってできた」と笑顔を見せた。

 調整は順調に進み、仕上がりは上々で選手の気合も十分。DF河辺は「前半を無失点に抑え、後半勝負に持ち込めるように頑張りたい」と闘志をたぎらせ、MF末久は「相手どうこうより、自分たちのプレーができるように準備したい」と冷静だった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.