天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

児童170人、一流の技学ぶ 植田さんらバレー教室 東かがわ

2017/12/17 09:39

サーブレシーブの練習で参加者へサーブを放つ植田さん=東かがわ市とらまるてぶくろ体育館
サーブレシーブの練習で参加者へサーブを放つ植田さん=東かがわ市とらまるてぶくろ体育館

 東かがわ市出身で、元全日本男子バレーボール代表監督の植田辰哉さんらを招いた「かがわドリームスポーツ教室」が16日、同市のとらまるてぶくろ体育館であった。県内で競技に取り組む小学生約170人が、元全日本代表選手らから一流の技や競技に取り組む心構えを学んだ。

 同教室は五輪などの国際大会で活躍できる選手を育てようと、県教委が開催。植田さんのほか、元全日本男子代表でともに北京五輪出場の斎藤信治さんと山本隆弘さん、元全日本女子代表でアテネ五輪出場の大山加奈さん、加奈さんの妹の大山未希さんが講師を務めた。

 参加者は大山加奈さんから、目標を持って頑張ることの大切さを座学で教わった後、サーブレシーブやスパイク、サーブなどのこつを順番に教わった。ブロックでは斎藤さんが子どもたちの協力も得て手本を示し「跳ぶ人同士の間が空いたり、ずれたりしないように」とアドバイスを送った。

 白鳥ジュニアスポーツ少年団の吉川桃菜さん(12)は「サーブの強い打ち方などを学んだ。教えてもらったことを試合で生かせるよう練習したい」と目を輝かせていた。

 この日午後には県U―14強化指定を受けている中学生男女や小中高の指導者を対象にした練習会・講習会も行われた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.