天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

高校球児に技術学ぶ 高松で少年野球研修会 英明、大手前高松が協力

2017/11/24 09:19

高校生と一緒にトス打撃に汗を流す小学生球児=レクザムスタジアム
高校生と一緒にトス打撃に汗を流す小学生球児=レクザムスタジアム

 高校生球児らが小学生球児を指導する少年野球研修会が23日、高松市生島町のレクザムスタジアムであった。県内の学童5チームから約110人が参加し、憧れの先輩から打撃や守備などの基本を熱心に教わった。

 県全体のレベルアップを目的に県高野連と県軟連学童部が連携して2004年から毎年開催。学童の志度源内、太田南オークス、香西汐風クラブ、綾歌クラブ、飯山クラブが参加し、高校生は秋の県大会優勝の英明と準優勝の大手前高松が協力した。

 高校生は一人一人の動きに目を配り、気づいたことは積極的に指摘。参加した児童は、強いボールを投げるこつや、ボールを芯で捉えるタイミングの取り方などを楽しみながら学んだ。

 綾歌クで捕手の上田拓未君は「キャッチングだけでなく、声かけなど投手を常に気遣うことを教えてもらった」とにっこり。志度源内で投手の市ノ瀬夢蔵君は「体全体を使って投げることを指摘された。これからの練習に生かしたい」と話していた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.