天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

女子100障害 木村が高松で教室 一流の技、中高生に伝授 ロンドン五輪、世界陸上で活躍

2017/11/14 09:24

中高生を指導する木村(右端)=高松市屋島中町、屋島レクザムフィールド
中高生を指導する木村(右端)=高松市屋島中町、屋島レクザムフィールド

 ロンドン五輪陸上女子100メートル障害日本代表で、今年8月の世界選手権では同種目日本勢初の準決勝進出を果たした木村文子(エディオン)を招いた教室がこのほど、高松市屋島中町の屋島レクザムフィールドであった。参加した県内の中高生約25人は、トレーニング方法やハードリングの基本を学び、懸命にレベルアップに励んだ。

 香川陸協が競技力向上を目的に開催。今年の県中学校新人大会と県高校新人大会の障害種目上位入賞者が参加した。

 木村は、ハードルに必要な走り方や筋力を身につけるためのトレーニング方法を伝授。技術指導では最初にハードリングの見本を披露した。一人一人の走りにも目を配り、「少し遠めから踏み切って」「重心はハードルの向こう側に置く意識で」などとアドバイスした。

 木村は、自身がさまざまな練習方法を取り入れ、成長につながった経験を踏まえ、「私の指導が全ての人に合うとは限らないが、積極的に挑戦し、成長のきっかけにしてほしい」とエール。県高校新人大会110メートル障害、400メートル障害で2冠を果たした乙武祐輝(高松一)は「新鮮だった。来年のインターハイは決勝に残れるよう力を付けたい」と話していた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.