天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

県選手団総勢669人 予選突破率伸び大型派遣 愛顔つなぐえひめ国体

2017/09/12 09:28

 県教委は11日、愛媛県を主会場に開かれる第72回国民体育大会「愛顔つなぐえひめ国体」(30日〜10月10日)の県選手団を発表した。開催中の会期前競技を含めた本部役員、監督、選手を合わせた総勢は昨大会を154人上回る計669人。2002年の高知国体(650人)と同水準の大型派遣となる。

 総勢600人を超えるのは、07年の秋田国体以来10年ぶり。派遣人数の大幅増は、本大会に直接出場する地元愛媛を除いた3県で争われた四国予選で、県勢が奮起したことが要因。予選突破率は前年の27・8%から20ポイント以上伸びて48・4%を記録。全種別で突破したのはハンドボール、フェンシングなど16競技に上り、昨大会から10競技も増えた。

 選手総数は会期前競技の弓道、水泳を合わせて576人(昨大会431人)で、出場競技数は昨大会から3増の37競技。陸上などの恒例競技に加え、特別競技の高校野球硬式の部に夏の甲子園大会でベスト8入りした三本松が出場する。

 選手団の団長は多田野栄氏(県体協会長)、総合開会式の旗手はなぎなた成年女子の白川未樹(琴平高教)が務める。

 昨大会、香川の天皇杯順位(男女総合)は2015年から10位落とす40位。県は今大会、5年ぶりの20位台復帰を掲げ、V字回復を目指す。冬季国体終了時点では、昨大会から順位を二つ上げる33位につけている。

 選手団の結団壮行式は20日午後4時から、高松市玉藻町のレクザムホール小ホールである。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.