天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

三本松、甲子園初勝利 県勢6年ぶりの夏1勝

2017/08/14 09:23

夏の甲子園で初勝利を果たし、高らかに校歌を歌う三本松ナイン=甲子園
夏の甲子園で初勝利を果たし、高らかに校歌を歌う三本松ナイン=甲子園

 第99回全国高校野球選手権大会第6日は13日、兵庫県西宮市の甲子園球場で2回戦4試合を行った。県代表で24年ぶり3度目出場の三本松は初出場の下関国際(山口)を9―4で破り、ベスト16入りを果たした。三本松は春夏通算4度目の出場で甲子園初勝利。

 県勢が夏の甲子園で初戦を突破するのは2011年の英明以来6年ぶりで、公立高校としては1996年の高松商以来21年ぶり。16強入りは、06年に初戦の2回戦を突破した香川西(現四学香川西)以来11年ぶりとなる。

 三本松は一回、先頭大久保の三塁打と続く多田の内野ゴロで先制し、二回は渡辺の左中間ソロで加点。六回には渡辺、下地の適時打などで3得点するなど計12安打で相手を突き放した。右腕佐藤は6安打されながら連打はなし。直曲球を低めに集めて打たせて取った。

 三本松は大会第10日第2試合(17日午前10時半開始予定)の3回戦で、3年ぶり2度目出場の二松学舎大付(東東京)と対戦する。

楽しくプレーできた
 三本松・日下広太監督の話
 三本松として甲子園での初勝利。新しい歴史を刻んだ選手たちを褒めたい。地域やOBの方々の熱い声援が選手の背中を後押ししてくれたので、楽しくプレーできたと思う。一度気持ちをリセットし、3回戦に向けて準備したい。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.