天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

カマタマ5日ホームで水戸戦 ハードワークへの対応鍵 J2リーグ

2017/08/04 09:42

水戸戦に向け調整するカマタマーレのアラン(手前)=Pikaraスタジアム
水戸戦に向け調整するカマタマーレのアラン(手前)=Pikaraスタジアム

 J2第26節のカマタマーレ讃岐は、5日午後7時から丸亀市金倉町のPikaraスタジアムで9位水戸と対戦する。前節は大分に0―1と惜敗し、7戦続けて白星から遠ざかり、順位も降格圏の21位と苦しむカマタマーレ。北野監督は「水戸、群馬と続くここを勝たないといけない。しっかりと戦いたい」と必勝を誓う。

 水戸は推進力があり、前線の選手が速い。前節はロスタイムで勝ち越し点を決めて5試合ぶりの勝利を飾るなど、雰囲気も良さそう。カマタマーレは、勢いのある相手に後半戦4試合で計11失点の守備が踏ん張れるかが鍵。暑い中でも、ハードワークする相手に負けないようにしたい。

 今節はDFエブソンの復帰が濃厚。また、DFとして今季リーグ戦で初先発しそうなアランにも期待がかかる。アランは「水戸の前線は強力だが、抑えれば勝つチャンスは大きくなる。90分間集中したい」と意欲を示した。

 苦境から抜け出せないが、MF馬場は「下を向いてはいけない。しんどいけど前を向き続けないと」ときっぱり。「『自分たちはやれる』と、前を向き続け、結果に結びつくのを信じていくしかない」と自らに言い聞かせるように話していた。

高松市ホームタウンデー
 カマタマーレ讃岐は高松市と茨城県水戸市が親善都市提携を結んでいる縁で、高松市と連携して水戸戦が行われる5日を「高松市ホームタウンデー」と称して多彩なイベントを行う。水戸の名産・干し納豆や特産品を販売するほか、選手やクラブマスコット「さぬぴー」との写真撮影会を予定。また、香川大の学生がフェイスペイントなどを実施する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.