天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

篠原(香川OG出身)初勝利 プロ野球

2017/04/20 09:43

3回から登板し、プロ初勝利を挙げた巨人・篠原=鹿児島
3回から登板し、プロ初勝利を挙げた巨人・篠原=鹿児島

セ・リーグ
◆鹿児島・15,148人
(巨人2勝)
ヤクル000000000―0
巨 人10000000×―1
▽勝 篠原1試合1勝
▽S カミネロ9試合1敗6S
▽敗 ブキャナン3試合1勝1敗
▽二塁打 ブキャナン、荒木、坂本勇▽犠飛 阿部▽失策 西浦▽暴投 篠原▽ボーク ブキャナン▽与死球 ブキャナン(小林)カミネロ(雄平)
▽試合時間 2時間39分

 【評】巨人が4連勝。一回に阿部の犠飛で挙げた1点を6投手の継投で守り切った。高木勇の負傷で三回からプロ初登板した香川オリーブガイナーズ出身の篠原が3回無失点で白星を挙げ、カミネロが6セーブ目。ヤクルトは2戦連続で零敗。

高木勇負傷で急きょ初登板 育成出身、3回無失点
 篠原が巨人の救世主となった。先発の高木勇が二回の打席でバントの際に右手の指を負傷し、三回から急きょ登板。17日に育成選手から支配下登録されたばかりで緊急のプロ初登板となったが、3回を無失点で切り抜けた。プロ初勝利を手にし「うれしい、の一言では表せないくらいの感情です」と感慨に浸った。

 三回はブキャナンに二塁打を許すなど、いきなり1死一、三塁のピンチを招いた。ここで一塁手の阿部に「打たれていいよ。自分で配球を難しくするな」と捕手の目線で声を掛けられ、冷静さを取り戻した。谷内を持ち味の直球で強気に攻め、三ゴロ併殺に仕留めた。

 愛媛・今治精華高、四国アイランドリーグplusの愛媛、香川を経て2015年に育成ドラフト1位で入団。18日に出場選手登録され「僕が活躍することで独立リーグの認知度を上げて、これから入ってくる選手の希望にならないと」と使命感を口にする。

 デビュー戦で快投し、チームの3試合連続無失点勝利に貢献した。高橋監督は「いい球を投げていた。次に向けて自信にしてもらいたい」と目を細めた。

西田監督「地位確立を」 香川OG、投手陣にも刺激
 篠原の初登板勝利の報は、試合中だった香川オリーブガイナーズにも即座に届いた。

 1軍に上がった日、真っ先に連絡をくれたという西田監督は「愛媛マンダリンパイレーツ時代に手術した肩をかばいながら、香川でも懸命に投げてくれた苦労人なのでとても思い入れがある」としみじみ。今後に向けては「ようやく立てたスタートライン。中日の又吉に続き、プロでの地位を確立できるよう戦ってほしい」とエールを送った。

 実は、ガイナーズから育成でプロ入りし、白星を手にしたのは篠原が初。そんな先輩の活躍に投手陣も刺激を受けたようで、3年目の右腕原田は
「登録後、すぐにもらったチャンスで結果を出したのはすごい。自分も後に続けるよう、追いかけていきたい」と奮起を誓っていた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.