天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

全国高校選抜大会/フェンシング 男子エペ初代王者 女子サーブル準V

2017/03/21 09:29

フェンシング男子エペ団体で初代王者に就いた三本松。左端は市ケ谷監督=山梨県甲府市総合市民会館山の都アリーナ
フェンシング男子エペ団体で初代王者に就いた三本松。左端は市ケ谷監督=山梨県甲府市総合市民会館山の都アリーナ

フェンシング女子サーブル団体で準優勝した三本松=山梨県甲府市総合市民会館山の都アリーナ
フェンシング女子サーブル団体で準優勝した三本松=山梨県甲府市総合市民会館山の都アリーナ

 全国高校選抜大会は20日、全国各地であり、県勢は3競技に出場した。フェンシングは、今大会から実施種目となったエペとサーブルで三本松勢が活躍。男子のエペが優勝し、サーブルは女子が準優勝、男子がベスト8に入った。琴平の3選手が勝ち残っていたなぎなたの女子個人は、大野怜那の16強が最高位。柔道(全国高校選手権)は団体戦が行われ、県代表の高松商の男女はともに初戦で敗れた。

 (甲府市総合市民会館山の都アリーナ)
 ▽男子エペ準々決勝
三本松 43―42 大分豊府(大分)
 ▽同準決勝
三本松 45―32 秋田北鷹(秋田)
 ▽同決勝
三本松 45―41 岡山大安寺中教校(岡山)
 ▽同サーブル2回戦
三本松 45―32 東亜学園(東京)
 ▽同準々決勝
愛工大名電(愛知) 45―42 三本松

 ▽女子サーブル2回戦
三本松 45―11 鳴海(愛知)
 ▽同準々決勝
三本松 45―26 佐賀商(佐賀)
 ▽同準決勝
三本松 45―35 安来(島根)
 ▽同決勝
鹿児島南(鹿児島) 45―34 三本松

三本松が躍進 監督「歴史塗り替えた」
 全身がターゲットで突きだけが有効なエペ、切る動作を主体に上半身のみを攻撃するサーブル。従来からのフルーレ団体に加え、新たにこの2種目が実施された今大会で出場校中、唯一男女全6種目に出場した三本松が春の大舞台で躍進した。

 男子エペは初代王者に輝いた。快進撃を果たす条件は二つだった。昨秋のアジアU23(23歳以下)選手権で準優勝した田尻が確実にポイントを奪うことと、残る蓮井と岩倉の踏ん張りだったが、3人はしっかりと自分たちの役割を果たした。

 この日の初戦、大分豊府との準々決勝。中盤にリードを許す場面もあったが、「田尻にいい形で回す」と蓮井、岩倉が粘り、同点で迎えた最後のエース対決では田尻が1点差で勝利。見事に仲間の期待に応えた。

 これで勢いは加速。準決勝、決勝は「最終ラインまで下がってうまく攻撃できた」と岩倉。終盤までリードを保つ展開に持ち込み、田尻は「余裕を持って試合ができた」。チーム一丸で栄冠をつかんでみせた。

 女子サーブルも準優勝を果たした。準決勝までは全て10点差以上をつけて快勝。昨夏のインターハイ女王の吉田真を擁し、優勝候補に挙がっていたチームにふさわしい堂々の戦いを見せた。

 ただ、決勝は鹿児島南に11点差をつけられただけに、新2年の黒田は「来年もこの舞台に戻り、必ずリベンジしたい」。頂点を逃した悔しさを力に変えることを誓った。

 同校の大会最高成績(フルーレ)は女子が3位、男子は8強だった。男女で最後に明暗は分かれたが、市ケ谷監督は「部の歴史を塗り替えてくれた。本当によく頑張った」と選手たちをたたえた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.