天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

丸亀が初優勝 全国少年柔道県予選

2017/02/27 09:20

【決勝・丸亀―下笠居】足技を繰り出す丸亀の竹信(右)=県立武道館
【決勝・丸亀―下笠居】足技を繰り出す丸亀の竹信(右)=県立武道館

 小学生柔道の全国少年大会県予選は26日、高松市福岡町の県立武道館で17チームが出場して団体戦を行い、丸亀が初優勝を飾り、全国大会(5月5日・講道館)の出場権を獲得した。

 丸亀は決勝で昨大会準優勝の下笠居と対戦。2勝1敗で迎えた大将戦で、竹信が得意の大外刈りで一本勝ちし、熱戦に終止符を打った。

 ▽1回戦 観音寺西2―2三木(観音寺西の内容勝ち)

 ▽2回戦 丸亀5―0鬼無 国分寺5―0大川町 牟礼5―0多度津 坂出市3―0観音寺西 下笠居5―0飯山 山田5―0小豆島 栗林5―0大内 三豊3―2善通寺

 ▽準々決勝
丸亀 3―2 国分寺
牟礼 2―0 坂出市
下笠居 2―1 山田
栗林 3―2 三豊

 ▽準決勝
丸亀 4―1 牟礼
下笠居 2―2 栗林
    内容勝ち

 ▽決勝
丸亀 3―1 下笠居
〇亀山蒼 棄権勝ち 篠原
〇亀山羽 優勢 中橋
 横井 引き分け 南原
 山神 合わせ技 横井侑〇
〇竹信 大外刈り 中磯

積極的な攻撃で全国切符つかむ
 丸亀が悲願の初優勝。中村監督は「それぞれが自分の役割を果たそうと、相手より先に先に動き、攻撃的な柔道をしてくれた結果」と、教え子たちの健闘をたたえた。

 決勝の相手は、1月の前哨戦・県接骨師会長杯の準決勝で辛勝した下笠居。副将戦を終えて2勝1敗とし、チームの命運は大将の竹信に託された。互いに緊張した面持ちで始まった大将戦。指揮官の教え通り、先に仕掛けたのは竹信だった。開始から積極的に攻め込むと、相手がバランスを崩した瞬間を見逃さず、得意の大外刈りを決めて一本勝ち。「絶対に一本を取るという気持ちだった。全国大会出場を決められてうれしい」と胸を張った。

 全国大会では、まず予選リーグを突破することが目標。竹信は「技をもっと磨いて、全国でも活躍したい」と意気込んでいた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.