天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

ショートトラック成年男子リレー・県選抜は6位 国体スケート、IH最終日

2017/02/01 09:31

ショートトラック成年男子リレーで6位入賞した県選抜(左から北原良、尾崎、北原侑、泉)=長野市ビッグハット
ショートトラック成年男子リレーで6位入賞した県選抜(左から北原良、尾崎、北原侑、泉)=長野市ビッグハット

 国民体育大会冬季大会スケート、アイスホッケー競技会最終日は31日、長野市ビッグハットなどで行われた。ショートトラックの成年男子リレーで県選抜(泉雅博、北原良祐、北原侑典、尾崎起久)は6位入賞を果たした。同種目での入賞は3年連続。

 県選抜は4チームが5000メートルで争った5〜8位決定戦を8分1秒003で3位入線。1〜4位決定戦で失格チームが出たため、全体順位が一つ繰り上がり、6位となった。優勝は大阪。

 スピード・ショートトラック500メートルの成年女子はソチ冬季五輪代表の酒井裕唯(東京・保健科学グループ)が制した。男子は菊池耕太(長野・恵仁会)が優勝。同少年男子は新井雄貴(長野・小海高)、同女子は横山世奈(福岡・沖学園高)が勝った。

 スピード1000メートルの成年男子はソチ五輪代表の山中大地(長野・電算)、同女子は郷亜里砂(愛媛・イヨテツク)が制し、ともに500メートルとの2冠を達成。米少年男子は久保向希(北海道・白樺学園高)、同女子は松本芽依(長野・伊那西高)が優勝。

 5000メートルの成年男子は渡部知也(岩手・シリウス)が1500メートルとの2種目制覇を果たし、少年男子は林莉輝(長野・佐久長聖高)が制した。 アイスホッケーの少年は北海道が2―0で栃木を退けて14連覇を達成。成年も北海道が青森を6―4で下して4年ぶりに頂点に立った。
 来年の第73回大会は山梨県を中心に開催される。

香川、天皇杯30位
 国民体育大会冬季大会スケート、アイスホッケー競技会は31日に閉幕。香川の天皇杯順位(男女総合)は、昨大会と同じ30位。得点は2点増の23点だった。

入賞できて良かった
 ショートトラック成年男子リレー県選抜・北原良英監督の話
 もう少し上を狙えたかもしれないが、入賞できたので良かった。選手はよく頑張ってくれた。来年も出場権を確保して、本大会で頑張りたい。

ショートトラック
(31日・長野市ビッグハット)
 ▽成年男子500メートル決勝 (1)菊池耕太(長野・恵仁会)42秒853(2)岩下(長野・山梨学院大)42秒877(3)小山(兵庫・関学大)43秒008
 ▽成年男子5000メートルリレー決勝 (1)大阪(三沢、上村、豊福、松平)7分2秒218=大会新(2)長野7分9秒757(3)兵庫7分19秒341
 ▽少年男子500メートル決勝 (1)新井雄貴(長野・小海高)43秒233(2)丸山(群馬・高崎高)43秒414(3)高岡(大阪・阪南大高)43秒494
 ▽成年女子500メートル決勝 (1)酒井裕唯(東京・保健科学グループ)45秒379(2)菊池(長野・稲門ク)45秒484(3)小池(長野・中京大)48秒237
 ▽成年女子3000メートルリレー決勝 (1)長野(小池、菊池、北沢、水野)4分27秒384=大会新(2)福岡4分41秒875(3)兵庫4分54秒708
 ▽少年女子500メートル決勝 (1)横山世奈(福岡・沖学園高)46秒594(2)松山(神奈川・カリタス女高)46秒620(3)田中(山梨・山梨学院高)46秒808

 …県勢の成績…
 ▽成年男子500メートル予選
 「1組」(4)北原侑典(西日本放送)45秒621=落選
 「6組」(1)北原良祐(四国電力)44秒505=準々決勝進出
 ▽同準々決勝
 「3組」(4)北原良祐(四国電力)45秒167=落選
 ▽同5000メートルリレー決勝 (6)香川(泉、北原良、北原侑、尾崎)8分1秒003

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.