天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

ながの銀嶺国体 県勢の陣容 27日開幕

2017/01/26 09:27

初優勝を目指すアイスホッケー成年の香川アイスフェローズ
初優勝を目指すアイスホッケー成年の香川アイスフェローズ

 第72回国民体育大会の幕開けとなるスケート、アイスホッケー競技会は27日から5日間、長野県で開催される。県勢はスピードスケートのショートトラックに4選手、アイスホッケーに成年がエントリーした。今秋の本大会(9月30日から11日間・愛媛)に弾みをつけようと、冬の戦いに挑む県勢の陣容を紹介する。

アイスホッケー 連係成熟、初V目指す 成年
 (27〜31日・岡谷市ほか)
 成年が28年連続48度目の出場。日本リーグ西日本(Jアイス・ウエスト)で12連覇を果たした香川アイスフェローズの単独編成で臨み、悲願の初優勝を目指す。

 16人中、13人が昨大会を経験。試合を重ねるたびに新加入の選手にも戦術が浸透し、連係は成熟しつつある。攻撃の柱はエース大日向(リソーシズ)。得点力に加え、正確なパスでゲームメークもできる。GKとの1対1に強い人里(トレスタ白山)も好調だ。守りはベテランの宇正(新日本印刷)を軸に安定感が増した。

 1回戦から強豪北海道と当たるなど、組み合わせは最激戦ゾーンに入ったが、常に先手を取って波に乗れれば勝機はある。北川監督(大京穴吹建設)は「第1ピリオドからしっかり足を動かし、相手を調子づかせる前に得点を積み上げたい」と意気込んでいる。

スピードスケート 3年連続入賞なるか リレー
 (28〜31日・長野市)
 スピードスケートの成年男子ショートトラック500メートル、1000メートル、リレーの3種目に4選手がエントリー。リレーに3年連続入賞の期待がかかる。

 リレーは2年連続入賞を果たした同じメンバー。ただ、全員が社会人ということもあり、練習量を確保できていないのが懸念材料。駆け引きのうまい北原良(四国電力)北原侑(西日本放送)の兄弟を中心に、チームワークの良さを生かせるか。大会直前に発表される組み合わせも鍵となる。

 個人2種目には北原良と北原侑が出場するが、ともに厳しい戦いになりそう。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.