天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

四国電力8強逃す 全日本総合バスケ第4日

2017/01/06 09:39

 バスケットボールの全日本総合選手権第4日は5日、東京・国立代々木競技場などで男子3回戦が行われ、県勢の四国電力はBリーグの栃木に66―99で敗れ、8強入りはならなかった。

 四国電力は栃木の正確なシュートや高さに苦しみ、序盤から失点を重ねた。攻撃では香川や笠井の3点シュートなど内外からバランス良く得点を重ねて対抗したが、相手が一枚上手。得点差を詰めるまでには至らなかった。

 このほか、2連覇を狙うBリーグの三河は東海大を127―78で退けて準々決勝に進んだ。川崎は昨年の全国高校総体と全国高校選抜優勝大会を制した福岡第一高を114―67で下すなどBリーグ勢が8強を占めた。

 6日は男女の準々決勝が行われる。

 ▽男子3回戦
栃木(Bリーグ) 99(28―18)66 四国電力
           (25―13)
           (26―20)
           (20―15)

プロ相手に健闘
 四国電力・近石裕幸監督の話
 プロチームに対して健闘してくれた。相手は身長や能力が高かったが、こちらも随所に気迫に満ちたプレーが見られた。大会を通じての成長を感じている。2月の全日本実業団選手権に向け、また頑張りたい。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.