天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

四国電力が快勝発進 全日本総合バスケ第2日 男子

2017/01/04 09:23

 バスケットボールの全日本総合選手権は第2日の3日、東京の国立代々木競技場第二体育館などで男子の1回戦と女子の2回戦があった。県勢男子で8年ぶり出場の四国電力は、宮田自動車(北海道)に68―51で快勝し2回戦に駒を進めた。

 四国電力は、センターの本井が22得点11リバウンドと奮闘。13―12で迎えた第2クオーター、内外から7得点を挙げるとガードの中山も3本の3点シュートを決めて流れをつかんだ。後半はセンターの植村が11リバウンドを拾うなど最後まで相手を寄せ付けなかった。

 四国電力の次戦は4日、3回戦進出を懸けて昨年の全日本社会人選手権を制したリンタツと戦う。

 ▽男子1回戦
四国電力 68(13―12)51 宮田自動車(北海道)
       (21―15)
       (12―11)
       (22―13)

リズムつかめた
 四国電力・近石裕幸監督の話
 初戦の緊張感もあり、序盤はローペースになった。もつれるかと思ったが、中山の3点シュートが決まってリズムをつかむことができた。次は簡単に勝てる相手ではないが、どこまで食い下がれるか挑戦したい。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.