天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

高松北15トライ許す 流通経大柏に0―95 全国高校ラグビー第1日

2016/12/28 09:31

【1回戦・高松北―流通経大柏】後半、相手守備陣をかわし、懸命にトライを目指す高松北の岩田(中央)ら=花園ラグビー場
【1回戦・高松北―流通経大柏】後半、相手守備陣をかわし、懸命にトライを目指す高松北の岩田(中央)ら=花園ラグビー場

 第96回全国高校ラグビー大会は27日、東大阪市の花園ラグビー場で開幕して1回戦8試合が行われ、県代表で3年連続11度目出場の高松北は0―95で流通経大柏(千葉)に敗れ、同校初勝利はならなかった。

 長崎北陽台は31―10で札幌山の手(南北海道)に快勝し、2回戦に進出。27大会ぶり出場の明大中野(東京第2)も和歌山工を31―10で退けた。

 光泉(滋賀)は日川(山梨)を39―3で下し、高鍋(宮崎)は初出場の旭川工(北北海道)を69―5と圧倒した。新潟工、東農大二(群馬)報徳学園(兵庫)も勝った。

 開会式では日川の中沢俊治主将が、リオデジャネイロ五輪での日本選手団の活躍に触れ「ノーサイドの笛が鳴るまで諦めず、一心不乱に戦い抜くことを誓います」と宣誓した。

 28日は1回戦の残り11試合を実施。連覇を狙う東海大仰星(大阪第1)や東福岡などシード校は30日の2回戦から登場し、決勝は来年1月7日に行われる。

 ▽1回戦
流通経大柏(千葉) 95(52―0)0 高松北
            (43―0)
流通経86052 74043 95
   TGP前  TGP後  計
高松北0000  0000  0

 【評】高松北は体格で勝る流通経大柏に15トライを許し、完敗した。

 前半開始1分、高松北は相手のキャッチミスで得た先制機を生かせず、4分にラックから展開されて先制を許した。その後も気持ちを切らさずに守り、低く鋭いタックルを随所で見せたが、相手のパワーと展開力に押されて失点が重なった。

 後半も諦めずにトライを目指し、CTB岩田が密集を抜け出してタッチライン寸前まで走り込んだものの、相手守備陣に阻まれ、一矢報いることもかなわなかった。

強豪との実力差痛感 初の1勝、後輩に託す
 最後まで懸命に体を張った高松北だったが、結果は流通経大柏に0―95の完敗。素早いパス、当たりの強さ、バックスの展開力。あらためて強豪校との実力差を痛感させられるスコアとなった。

 部員9人で始まった現チーム。今春以降1年生の加入で20人となり、6月の県総体でようやく15人制の試合に出場した。3年生はわずか3人。小柄な選手も多く、戦力は十分ではなかったが、粘り強くタックルを仕掛けて諦めずに守り、何度も応援席を沸かせた。

 攻めては下級生が見せ場をつくった。前半開始早々には、7月に競技を始めたばかりの1年、WTB向井が「思い切り蹴れば前に進める」と相手がキャッチミスした球を迷いなくキック。敵陣深くまで攻め込んだ。

 後半には、2年のCTB岩田が「耐えるだけじゃなく攻めよう」。フィフティーンに奮起を促すと、ゴール手前で自ら密集を抜け出し、タッチラインへ一直線。惜しくも相手守備陣に阻まれ、2年連続無得点のまま終了となったが、最後まで攻めの気持ちを忘れずにプレーし、意地を見せた。

 「この経験を来年につなげてほしい」と、主将のFB野崎。同校初の1勝の夢は、後輩たちに託された。

成長感じられた
 高松北・高木智監督の話 点差は大きく開いてしまったが、初めて花園を経験した1年生を含めて全員が体格差のある相手に臆さず、ぶつかっていけた。十分に成長を感じられた試合だった。

 ▽1回戦
新潟工 50(24―7)14 鹿児島実
      (26―7)
光泉(滋賀) 39(17―3)3 日川(山梨)
         (22―0)
長崎北陽台 31(12―5)10 札幌山の手(南北海道)
        (19―5)
報徳学園(兵庫) 88(45―0)0 郡山北工(福島)
           (43―0)
明大中野(東京第2) 31(12―3)10 和歌山工
             (19―7)
東農大二(群馬) 50(17―7)14 つるぎ(徳島)
           (33―7)
高鍋(宮崎) 69(33―0)5 旭川工(北北海道)
         (36―5)

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.