天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

日本バスケ界期待の星 渡辺雄太(三木町出身)米留学1年目

2015/05/31 09:37

大学1年目のシーズンを終えて「NBA選手へ確実に一歩一歩近づいている」と話す渡辺雄太
大学1年目のシーズンを終えて「NBA選手へ確実に一歩一歩近づいている」と話す渡辺雄太

 日本バスケットボール界期待の渡辺雄太(20)=香川県三木町出身=が、米国学生界トップのNCAA(全米大学体育協会)1部の名門ジョージ・ワシントン大での1年目のシーズンを終えた。新人ながら公式戦全試合に出場し、主力選手として活躍。日本協会新会長の川淵三郎氏が「日本バスケ界の顔になる人材」などと高評価し、米紙ニューヨーク・タイムズやワシントン・ポストが特集を組むなど、周囲の期待は高まるばかり。大学休暇を利用して帰郷した若武者に、本場でプレーしての感想や今後の展望を聞いた。

 ―ジョージ・ワシントン大での1年を終えて。
 「シーズンが始まる前は試合に出られるのかなという不安があったが、プレータイムを勝ち得て全試合に出場できた。調子の波があり、悩んだりもした。それも含めて全部自分の成長につながった」

 ―当初は途中出場が続いた。
 「スターターも大事だが、6番手の選手は試合の流れを変える重要な役割がある。ベンチに座っている時から、状況を見ながら自分だったらこうプレーをするなどと考えながらやっていた」

 ―6試合連続2桁得点の活躍があった。
 「慣れもあり、どうすればうまくいくか少し見えてきた時期だった。パスを受けやすい位置に動いたり、味方の得点につながる動きができた。通用しているという感覚が持てた」

 ―その後は一転して1桁得点が続いた。
 「相手が警戒してマークが厳しくなった。これまでできていたプレーがうまくいかなくなり調子を崩した。ひたすら練習していたものの、自分もチームも結果が出ずに苦しい時期だった」

 ―苦境を脱したのは。
 「戦略の一つとして自分がスターターに変わった。その時、評価されていた守備を頑張り、リバウンドを重要な場面で取ったり、良い動きができたりと徐々に上向きだした。決定的なきっかけは3点シュートが7本入った試合。それまで悩んでシュートを打てなかったこともあったが、その試合では4本連続で3点シュートが決まるなど一切迷いがなかった。自分でも驚くくらいに楽になり、吹っ切れた」

 ―最後は10試合連続スターターだった。
 「最終戦では3点シュートを4本決めただけでなく、ドライブで得点した。中に切り込むのは米国に行ってからほとんどできていなかった。自分が苦手としていて、伸ばさないといけない部分が最後の最後でできたのは、プレーヤーとして多少は成長できたという証拠だと思う」

 ―改めて収穫と課題を。
 「フリースローを任せてもらっているし、シュート力は通用した。足りないのはやはりフィジカル。ぶつかるとよろけたり、リバウンド勝負で負けた。オフは大学のコーチが練習メニューをくれるのでそれをやって鍛えている」

 ―大学生活はどうか。
 「授業ではいい成績を取ることができた。コミュニケ―ションも同僚と取れているし、日常会話はできるようになった。食事は日本に比べたら大変。米が食べたくなり、親に送ってもらったりもした」

 ―日本協会の川淵新会長が大きな期待を寄せ、米大手紙が特集を組んだ。
 「(川淵氏に)名前を出してもらえるのは、期待してくれるし、可能性を感じてくれているからだと思う。すごくモチベーションになった。米国の新聞に自分のことが大きく載ったのは信じられないというのが一番だが、すごくうれしかった」

 ―周囲の注目は高まるばかりだ。今後に関して抱負を。
 「NBAに入る夢は変わらない。遠いと感じながらも確実に一歩一歩近づいていると思う。今後の自分の努力次第でかなえられる夢。厳しい道のりだが頑張っていきたい。東京五輪も憧れなので出場したい。2020年は自分も大学を卒業していて、年齢的にもいい年。NBA選手となり、東京五輪で活躍する姿を見せられたらいい」

略 歴
 わたなべ・ゆうた
 小学1年時に三木スポーツ少年団で競技を始め、牟礼中から尽誠高に進学。冬の全国高校選抜優勝大会で2年連続準優勝した。卒業後の2013年に東アジア選手権に日本代表として初出場。14年9月から米国ジョージ・ワシントン大に進学。1年目からチームの主力となり公式戦全試合に出場するなど活躍した。主にフォワードのオールラウンダー。203センチ、90キロ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.