天気予報を見る
 
新聞購読申込

四国高校選手権前期第4日/ハンドボール 高松商9年連続女王

2014/06/16 10:09

【ハンドボール女子決勝・高松商―城北】前半、高松商の西谷(9)が16点目となるシュートを決める=高知県民体育館
【ハンドボール女子決勝・高松商―城北】前半、高松商の西谷(9)が16点目となるシュートを決める=高知県民体育館

(高知県民体育館)
 ▽男子準決勝
松山工 22―15 土佐
香川中央 24―20 徳島市立
 ▽決勝
香川中央 21(11―4)12 松山工
       (10―8)
(香川中央は15年連続23度目の優勝)
 ▽女子準決勝
城北 23―14 鳴門
高松商 25―8 今治東
 ▽決勝
高松商 25(16―5)8 城北
     (9―3)
(高松商は9年連続16度目の優勝)

圧巻の試合運び 全戦で守り機能 高松商
 ハンドボール女子は、下馬評通りに高松商が圧巻の試合運びで9連覇を達成した。

 1回戦から決勝まで守りが機能した。不利な体勢で相手にシュートを打たせて速攻を仕掛け、田中監督も「ある程度できている」と評価。

 一方、攻撃面ではチャンスを生かし切れていない場面や細かなミスを指摘。「このままでは全国は厳しい」と、3連覇が懸かるインターハイを見据え、物足りなさを口にした。

 今後は、地元社会人チームの香川銀行THや県外の大学生と練習試合を積み、本番に備える。選手が1点を取る難しさ、一つのミスの怖さを十分に理解するためだ。

 田中監督は「もうひと伸びし、プレーの精度を高めて本番を迎えたい」と、さらなるチーム力の底上げに考えを巡らせていた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.