天気予報を見る
 
新聞購読申込

希善龍(善通寺出身)再十両に/大相撲名古屋場所

2014/05/29 09:28

母校を訪問し、溝渕校長や相撲部員から祝福を受ける希善龍=高松南高
母校を訪問し、溝渕校長や相撲部員から祝福を受ける希善龍=高松南高

 日本相撲協会は28日、東京・両国国技館で大相撲名古屋場所(7月13日初日・愛知県体育館)の番付編成会議を開いて十両昇進力士を決め、東幕下4枚目で5勝を挙げた香川県善通寺市出身の希善龍(29)=本名亀井貴司、木瀬部屋=が、昨年夏場所以来、7場所ぶりの十両再昇進を果たした。

 北海道出身の旭大星(24)=本名大串拓也、友綱部屋=が新十両。かつての相撲どころで横綱8人を生んだ北海道から関取が誕生するのは、2001年九州場所の若天狼以来で13年ぶり。

 18日に急死した相撲協会元理事長で先代放駒親方(元大関魁傑)の西森輝門氏の弟子だった若乃島(29)=本名再田史也、鹿児島県出身、芝田山部屋、埼玉栄高出身の大栄翔(20)=本名高西勇人、埼玉県出身、追手風部屋=も新十両に昇進した。若乃島は00年春場所の初土俵から所要85場所で、史上4位タイのスロー出世となった。

 希善龍以外の再十両は元小結の栃ノ心(26)=本名レバニ・ゴルガゼ、グルジア出身、春日野部屋、栃飛龍(27)=本名本間幸也、静岡県出身、春日野部屋=の2人。

地元の応援に感謝 希善龍が母校など訪問 
 場所後の休養で帰郷し、善通寺市内の実家で木瀬親方から十両再昇進の知らせを受けた希善龍は28日、善通寺市役所と母校の高松南高=高松市一宮町=を訪問。温かい激励に笑顔を浮かべ、「次こそは十両で勝ち越し、さらに幕内を目指していきたい」と決意を口にした。

 同市役所では、平岡市長や大平達城市議会議長らと談笑。花束などを受け取った希善龍は「みなさんの応援のおかげで、苦しい時を乗り越えられた」と感謝。一場所で十両から幕下に陥落した前回を振り返り、「もう悔しい思いはしたくない」と、まずは次の名古屋場所での奮闘を誓った。

 市長は「これからも稽古に励み、さらに上を目指してほしい」と期待を寄せた。

 母校では、溝渕祥民校長や、高校時代の恩師で現同校相撲部監督の松井秀和氏、現役相撲部員らが出迎え。他の部の生徒も駆け寄り、「おめでとうございます」と祝福した。

 溝渕校長は「1年前より風格を感じる。これからも学校を挙げて応援していきたい」と約束し、希善龍は「エネルギーをもらった。強い気持ちで上を目指していきたい」と口元を引き締めた。

7場所ぶり復帰 古里で一問一答
 7場所ぶりの十両復帰を果たし、古里で熱い激励を受けた希善龍。訪問した善通寺市役所と高松南高での主な一問一答は次の通り。

 ―今の気持ちを。

 「昇進できるかどうか不安があり、夜もなかなか眠れなかった。うれしいし、ほっとしている」

 ―今場所を振り返って。

 「勝負の場所だった。股関節を痛めていたが、気持ちでカバーした」

 ―5勝目を挙げた千秋楽の栃飛龍との一番は。

 「今まで勝ったことのない相手。何が何でも勝つという気持ちだけだった」

 ―幕下陥落から1年での十両復帰だ。

 「陥落当時はショックで気持ちを立て直せなかった。心が折れそうな時もあった。それでも地元の応援があったから、もう一度上へと気持ちを切り替えることができた。感謝している」

 ―今後の意気込みを。

 「まずは名古屋で勝ち越し、さらに幕内を目指していく。左上手を取れれば勝負できる。しっかり稽古し、皆さんの期待に応えたい」

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.