天気予報を見る
 
新聞購読申込

四国高校選手権第3日/テニス 高松北 男女で栄冠

2013/06/16 09:58

【テニス女子団体決勝・高松北―徳島商】ダブルス第3ゲーム、高松北の別枝がスマッシュを決める。右は石川=香川県営生島コート
【テニス女子団体決勝・高松北―徳島商】ダブルス第3ゲーム、高松北の別枝がスマッシュを決める。右は石川=香川県営生島コート

 四国高校選手権第3日は15日、四国4県で26競技を行った。陸上は男子ハンマー投げの金丸佳樹(観音寺中央)が56メートル27で初優勝、同400メートルリレーは香川西(宇治、田辺、国包、安倍)が41秒78で2連覇した。テニス団体は男女の高松北がアベック優勝し、なぎなた団体は琴平が2年ぶりに女王の座を奪還。フェンシング女子団体は、三本松が高松北との県勢決勝を制して初優勝。男子の三本松は決勝で敗れ、3連覇を逃した。ソフトテニス男子団体は尽誠が貫禄の4連覇。バドミントン女子団体は高松商が2年ぶりに制した。新体操男子団体の坂出工は2位に終わったが、インターハイ切符を獲得。ボクシングでは、ウエルター級の三宅蓮(藤井)が決勝進出を決め、上位2人に与えられる全国切符を手にした。陸上の男子1500メートルはレース中に選手の妨害行為があり、後日再レースを行う。

テニス
(県営生島コート)
 ▽男子団体1回戦 高松北3―0徳島科技 新田3―0土佐塾 徳島市立2―1英明 高知学芸2―1松山北 城南3―0愛光 高松3―0土佐 高知2―1鳴門 今治西2―1三木

 ▽準々決勝
高松北 2―1 新田
徳島市立 2―1 高知学芸
城南 2―1 高松
今治西 2―0 高知

 ▽準決勝
高松北 2―0 徳島市立
城南 2―1 今治西
 ▽決勝
高松北 2―1 城南
 村川・山口 4―6 林田・上田○
○寒川 6―0 竹田恭
○白井 6―3 竹田真
(高松北は2年連続11度目の優勝)

 ▽女子団体1回戦 高松北3―0今治北 城南3―0土佐女 松山西中教校3―0高松商 高知3―0阿南高専 徳島商2―1松山中央 高松桜井3―0須崎 英明3―0徳島市立 済美3―0土佐
 ▽準々決勝
高松北 2―0 城南
高知 2―1 松山西中教校
徳島商 2―1 高松桜井
英明 2―0 済美
 ▽準決勝
高松北 2―0 高知
徳島商 2―1 英明
 ▽決勝
高松北 2―0 徳島商
○石川・別枝 6―3 森・立道
○竹本 6―0 佐藤
  松川 6―5打ち切り 前田
(高松北は13年ぶり5度目の優勝)

女子 1セットも落とさず
 四国の舞台で、テニス女子団体の高松北が13年ぶりの頂点に立った。強い雨の降る悪コンディションをものともせず、大会で1セットも落とさない完全優勝。「よしっ」。栄冠の瞬間、ベンチで見守った守池監督は雄叫びを上げ、選手たちの活躍を喜んだ。

 徳島商との決勝戦は、県総体で個人・団体の3冠に輝いた1年竹本がシングルスを6―0で圧勝。ダブルスも石川・別枝組が主導権を握り、5―1で迎えた第7ゲームでは40―0と、久々の優勝が決まるマッチポイントをつかんだ。

 しかし、そこから相手に連続ポイントを許し、ゲームを奪われると、次のサービスゲームもブレークされた。「余裕が出て油断したのは修正点」と主将の別枝は反省したが、最後は石川が巧みにボレーを決め、追い上げを振り切った。

 決勝までの4試合、5人のメンバーを入れ替えながら勝ち上がったことからも戦力は充実。全国総体を見据え、守池監督は「誰を出そうか迷うが、底上げは必要」と言えば、この日全試合に出場した別枝は「まず全国で1勝し、ベスト8を目指す」と言い切った。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.