天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

公務員ランナー川内、自己新/丸亀ハーフマラソン

2012/02/06 09:41

 第66回香川丸亀国際ハーフマラソン大会(四国新聞社など後援)は5日、香川県丸亀市金倉町の県立丸亀競技場発着(丸亀市−坂出市往復)の21・0975キロで男女同時スタートで争われ、ロンドン五輪の男子マラソン代表候補に名乗りを上げている川内優輝(埼玉県庁)は自己ベストの1時間2分18秒で27位だった。昨大会の自己記録を22秒短縮し、前回3位だった26日の東京マラソンにも弾みをつけた。

 世界歴代3位の記録を持つマシュー・キソリオ(ケニア)が大会記録には14秒及ばなかったが1時間0分2秒の快走で初優勝。一昨年の覇者、ギタウ・ダニエル(富士通)が1時間1分1秒の2位だった。日本勢最高の5位に高林祐介(トヨタ自動車)が入り、6位に北京五輪マラソン補欠の藤原新(東京陸協)が続いた。

 女子はティキ・ゲラナ(エチオピア)が1時間8分48秒で初の頂点に立ち、日本勢トップの2位に永尾薫(ユニバーサルエンターテイメント)が入る健闘を見せた。昨年の世界選手権マラソン代表の伊藤舞(大塚製薬)が5位。県勢は四国電力の小倉久美が1時間12分18秒の11位、会津容子が13位だった。
【関連記事】
丸亀ハーフマラソン/記録詳細
川内、東京マラソンに弾み/「タイムは合格点」
高林5位、キソリオ初V/丸亀ハーフマラソン男子評
永尾2位、ゲラナ初優勝/丸亀ハーフマラソン女子評
早春の讃岐路に1万人疾走/丸亀ハーフマラソン
来年も頑張りたい/最高齢75歳の奥村さん
出場選手らが出品/被災地支援オークション
オレンジリボンチーム、児童虐待防止訴え
柔道女子五輪連覇の谷本さん、3キロ挑戦
アットホーム初参加に感激/モデルの長谷川さん

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.