天気予報を見る
 
新聞購読申込

金崎氏(坂出市出身)神戸の監督代行に/関西独立L

2011/12/08 09:36

 香川県坂出市出身でオリックス、楽天などでトレーニングコーチを務めていた金崎泰英氏(39)が、関西独立リーグ、神戸サンズの監督代行に就任したことが7日、分かった。就任は2日付。

 神戸は今季から同リーグに加入。選手兼任監督だった元大リーガーのマック鈴木投手がシーズンを終えて退任し、フィールドコーディネーターを務めていた金崎氏が代行に当たることとなった。

 金崎氏は香川大卒業後、プロのコーチを目指し、徳島大大学院で栄養学を学ぶなどしてストレングス&コンディショニングの認定ライセンスを取得。2002年にオリックスのコンディショニング担当となり、05年から3年間は楽天、08年から2年間は台湾プロ野球チームでトレーニングコーチを務めた。

 監督業はプロ野球経験者が務めるのが通例だが、金崎氏は「前例にとらわれず、自分のフィールドのコンディショニングと技術をうまくくっつけて指導していきたい」と意欲を見せている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.