天気予報を見る
 
新聞購読申込

男子1万・渡辺(四国電力)B標準突破/ホクレン中長距離

2011/06/26 09:52

 陸上のホクレン中長距離チャレンジ第3戦は25日、北海道の深川市陸上競技場で行われた。先の日本選手権男子5000メートルで初優勝した渡辺和也(四国電力)が1万メートルに出場し、27分47秒79で世界選手権(8月27日開幕・大邱=韓国)の参加標準記録B(28分)を突破した。

 渡辺は日本人トップの4位でゴール。序盤からガトゥニ・ゲディオン(日清食品グループ)ら外国人勢と4人で先頭集団をつくり、1周64〜70秒の駆け引きにも対応しながら粘り強い走りを見せた。5000メートルを13分52秒、8000メートルを22分14秒で通過し、A標準(27分40秒)を切る好ペースだったがわずかに届かなかった。

 ただ、従来の県記録(28分3秒83)を更新し、2012年に開かれるロンドン五輪の参加標準記録B(28分5秒)もクリアして好調ぶりをアピールした。

 このほか、女子1万メートルは井原未帆(四国電力)が32分18秒00の4位に入った。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.