天気予報を見る
 
新聞購読申込

環境の変化、追い風に/陸上の渡辺(四国電力)

2011/06/04 09:53

男子5000メートルで、世界選手権の参加標準記録を突破した渡辺和也=5月28日、宮崎県延岡市
男子5000メートルで、世界選手権の参加標準記録を突破した渡辺和也=5月28日、宮崎県延岡市

 陸上の男子5000メートルで今夏の世界選手権(大邱=韓国)参加標準記録を一番乗りで突破したのが23歳の伏兵、渡辺和也(四国電力)だ。今後の目標は「世界選手権と五輪」と物おじすることなく言い切るところが頼もしい。

 記念すべき試合は5月28日に宮崎県延岡市で行われた「ゴールデンゲームズinのべおか」。実績のある選手が多数参加してタイムレースで競い合う中、自己ベストを約15秒更新。日本歴代ランキング8位となる13分23秒15をマークして、参加標準記録B(13分27秒00)を破った。

 兵庫・報徳学園高出身。2008年にはこの大会の1500メートルを制した。そのときに出した3分38秒11は今でも日本歴代2位として残る。だが、約1カ月後の日本選手権では同種目の決勝でトップに立ちながら、ラスト10メートルを切ったところで脚がけいれんして転倒し、優勝を逃してしまった。

 昨年9月には山陽特殊製鋼から四国電力に所属先を変えた。合宿や試合数が減ったため、よりよい環境を求めて下した決断だった。そして現在は「集中していい練習ができている。後輩も強いのが下からくるので、先輩としては負けられない」と充実感を口にする。

 紆余(うよ)曲折を経て歯車がかみ合い始めた。1500メートルや5000メートルの日本記録更新も視野に入れる。6月10〜12日の日本選手権の5000メートルに向け「1位を取るしかない」と意気込んだ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.