天気予報を見る
 
新聞購読申込

女子200・福島が日本新/静岡国際陸上

2009/05/04 09:44

 陸上の世界選手権(8月・ベルリン)代表選考会を兼ねた静岡国際は3日、静岡スタジアムで行われ、女子200メートルは20歳の福島千里(北海道ハイテクAC)が23秒14の日本新記録で優勝した。従来の記録は信岡沙希重(ミズノ)が2004年の日本選手権で出した23秒33。2位に入った高橋萌木子(平成国際大)も23秒15の好記録だった。

 男子200メートルは高平慎士(富士通)が世界選手権参加標準記録A(A標準=20秒59)を突破する20秒46で優勝。男子400メートルは金丸祐三(法大)がA標準(45秒55)を切る45秒27で制し、同400メートル障害で勝った成迫健児(ミズノ)も48秒99でA標準(49秒25)を破った。

 女子400メートルは丹野麻美(ナチュリル)が53秒21で、同走り幅跳びは井村久美子(サニーサイドアップ)が6メートル48で優勝し、桝見咲智子(九電工=英明高出)は6メートル32で3位だった。

 男子1万メートルはケニアのジョセファト・ダビリ(小森コーポレーション)が国内の大会では初の26分台となる26分57秒36で制した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.