天気予報を見る
 
新聞購読申込

橋野氏が総監督で復帰/丸亀城西高野球部

2009/01/30 09:42

 丸亀城西高などを監督として通算10度甲子園へ導いた橋野純氏(61)が、1年半ぶりに現場復帰することが29日、分かった。2月1日付で同高総監督に就任するという。橋野氏は「母校が全国クラスの野球部に発展するために微力ながら協力したい」と話している。

 橋野氏は前身の丸亀商高OB。国士舘大卒業後、1972年から同高、観音寺中央高の監督を務め、甲子園に春夏通算10度出場した。うち優勝、4強、8強が各1回。観音寺中央高を率いた95年選抜大会の初出場、優勝は現在も高校野球ファンの記憶に残る。

 丸亀城西高監督を07年の夏の県大会終了後に退任、昨年3月末に教員を定年退職した。野球とは離れていたが、「後援会やOB会などから『総監督をしてほしい』と言われた。自分も母校のために何か役立ちたかった」と復帰を決意した。

 総監督としては、監督・選手への助言や練習環境の整備などアドバイザー的役割に徹する意向。試合のベンチには入らず、3月21日開幕予定の春季香川県大会も山中晴司監督が引き続き指揮を執る。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.