天気予報を見る
 
新聞購読申込

潮田ら五輪代表集結−24日、坂出で日韓バド

2008/05/24 09:27

 バドミントンの北京五輪日本代表が韓国代表と争う日韓交流大会(24日午後1時試合開始)を前に23日夜、香川県坂出市内のホテルで前夜祭が行われ、女子ダブルスの「オグシオ」で知られる1人で潮田玲子(三洋電機)ほか日韓代表約40人が松浦稔明坂出市長らの出迎えで歓迎レセプションに臨んだ。

 日本代表は潮田のほか、アテネ五輪男子ダブルスに出場した舛田圭太、大束忠司(トナミ運輸)ら約20人。小椋久美子(三洋電機)は腰痛のため欠場、「オグシオ」のダブルスは組めないが潮田は「試合を楽しみたい。香川のうどんも食べたい」とリラックスムード。舛田は「相手も強豪ばかりなので勝ち負けよりも思い切ってぶつかりたい」と抱負を話した。

 大会は24日、坂出市入舟町の坂出市立体育館であり観戦は有料(小学生は無料)。当日は午前11時から公開練習がある。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.