天気予報を見る
 
新聞購読申込

男子棒高・荻田、日本学生新−陸上関西学生対校

2008/05/18 09:28

 陸上の関西学生対校選手権第4日は17日、長居第二陸上競技場であり、男子棒高跳びの荻田大樹(関学大=観一高出)が日本学生新記録となる5メートル56をマークして優勝。今夏の北京五輪参加標準記録B(5メートル55)を突破した。

 荻田は3日の県選手権で出した自己ベスト(5メートル40)から大きく躍進。この日は5メートル50を1回目の試技で成功し優勝を決めると、続く5メートル56も大きな跳躍を見せて一発クリア。5メートル60は失敗に終わった。このほか、女子走り幅跳びは久保弘恵(天理大=観音寺中央高出)が5メートル88で制した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.