天気予報を見る
 
新聞購読申込

男子5000・三津谷、A標準突破−陸上Gゲームズ

2007/05/27 09:42

 陸上中長距離の「ゴールデンゲームズinのべおか」は26日、宮崎県延岡市の西階陸上競技場で行われ、男子5000メートル(タイムレース)で三津谷祐(トヨタ自動車九州=尽誠高出)が日本歴代2位となる13分18秒32を記録し、世界選手権参加標準記録A(A標準)を突破した。

 三津谷は日本人選手として7年ぶりに13分20秒を切り、高岡寿成(カネボウ)が2003年に記録した、国内で日本人選手が出した最高記録を塗り替えた。今夏の世界選手権(大阪)マラソン代表の久保田満(旭化成)は14分19秒29だった。

 同1500メートルは日本記録保持者の小林史和(NTN)が3分43秒11で制し、女子800メートルも日本記録を持つ杉森美保(ナチュリル)が2分5秒38で優勝した。

精神的に強く 三津谷祐の話
 けがに泣いたどん底の時期を乗り越え、精神的に強くなった。A標準突破は自信になるし、日本人でも5000メートルで世界と戦えることを示したい。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.