天気予報を見る
 
新聞購読申込

18年間ご苦労さん 大相撲元十両五剣山断髪式

2006/12/12 09:55

断髪式で、師匠の貴乃花親方に、はさみを入れてもらう五剣山=東京都内のホテル
断髪式で、師匠の貴乃花親方に、はさみを入れてもらう五剣山=東京都内のホテル

 大相撲の元十両で、九州場所を最後に引退した香川県高松市寺井町出身の五剣山(33)=本名五藤博之、貴乃花部屋=が10日、東京都内のホテルで断髪式を行い、師匠の貴乃花親方(元横綱貴乃花)や香川の後援会メンバーら約100人がはさみを入れた。

 五剣山は1989年春場所初土俵で、十両には通算十一場所在位。断髪式では、後援者や知人らが次々にはさみを入れた後、貴乃花親方が止めばさみを入れてまげを切り落とした。感極まった五剣山は何度も涙をぬぐっていた。

 髪を整えてスーツに着替えた五剣山は18年間の長い土俵生活を振り返り、「一番印象に残っているのは十両昇進。相撲道で培ったことを生かし第二の人生でも努力、精進していきたい」とあいさつ。今後は帰郷して就職する予定で、「子供に教えるなど多少でも相撲にかかわり、地元に恩返しをしたい」と話した。

 貴乃花親方は五剣山について「一つ後輩で、寂しい限り。猛げいこに耐え、先代の二子山親方の期待にこたえて十両に昇進した」と思い出を語り、「第二の人生でも十両昇進を」とはなむけの言葉を贈った。

 五剣山の引退で貴乃花部屋の力士は七人となり、関取経験者もいなくなった。貴乃花親方は「ゼロからのスタート。三年先のけいこという思いで弟子の育成に当たっていく」と決意を新たにしていた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.