天気予報を見る
 
新聞購読申込

高松北・坂出工、花園へトライ-高校ラグビー

2005/11/12 09:44

連覇に向け士気を高める高松北
連覇に向け士気を高める高松北

3年ぶりの花園切符を目指す坂出工
3年ぶりの花園切符を目指す坂出工

 高校生ラガーマンが花園切符をかけてぶつかる全国高校ラグビー県予選最終日は13日午後2時から、香川県高松市生島町の香川県営球技場で高松北―坂出工の決勝がある。両校の決勝対決は2年連続。高松北が勝てば2年連続5度目、坂出工なら3年ぶり17度目の全国大会(12月27日―来年1月7日・大阪花園球技場)出場となる。

 高松北は昨年の花園経験者が多く、NO8片岡を中心に攻守の完成度は高い。なかでもバックスは例年になく充実。走力をある選手がそろい、判断力に優れたSH西村、SO宮西を起点に縦横への自在な展開で相手ゴールに迫る。FW陣も平均体重75キロと小柄だが、大型チームとの練習試合を重ねて対応策を体に染みこませてきた。

 ここ2年、決勝で苦杯をなめてきた坂出工はFW陣の出来がカギ。HO中谷を軸にパワー勝負で優位に立ち、相手の球の出所をつぶしていけるか。また、素早いタックルで高松北が得意とする「足」を封じ込められるかもポイント。攻撃は、CTB石尾らが縦への突破を試み、モールで押し込んで得点機をつくり出す。

 高松北は展開力、坂出工はFW戦というイメージだが、ともに弱点の修正に余念がなく、相手の意表を突く攻守を見せてくる可能性も十分。先手を奪って波に乗れるかが勝敗を左右しそう。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.