天気予報を見る
 
新聞購読申込

重量挙げ・大西完全制覇 −インターハイ

2005/08/13 10:21

 全国高校総体(インターハイ)第12日は12日、千葉県で3競技を行い、卓球男子シングルスで岸川聖也(宮城・仙台育英)が3年連続優勝を果たした。3連覇は、1997―99年の中国人留学生の宗海偉(青森・青森山田、その後日本国籍を取得し吉田に改姓、日産自動車)以来、史上2人目。岸川は決勝で、同じ世界選手権代表の高木和卓(青森・青森山田)を3―2で下した。女子シングルスは曹嘉懿(青森・青森山田)が初優勝し、中国人留学生が3年連続で制した。

 新体操女子個人は庄司七瀬(山形・山形北)が初優勝し、男子個人は藤田朋輝(岩手・盛岡)と北村将嗣(京都・紫野)が同点優勝した。

 香川県勢は2競技に出場。重量挙げは105キロ超級の大西教平(多工)がスナッチ123キロ、ジャーク152キロをマークしてともに1位。トータルも275キロで頂点に立ち、3種目すべて制し完全優勝を果たした。大西は全国選抜大会に続く全国2大会制覇となり、県勢初の快挙。多工勢は同階級の増田和也がスナッチ110キロの5位、トータル240キロで8位入賞に食い込む活躍。学校対抗得点でも51点を獲得し、総合順位で過去最高の2位に入った。

 新体操個人は女子の高橋香織(観音寺中央)が1年生ながら健闘したが22位、男子の三野公聡(坂出工)は24位だった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.