天気予報を見る
 
新聞購読申込

高松商・高松東・尽誠8強に−高校野球

2004/09/21 09:31

 シード1位の丸亀城西、敗れる―。秋季四国地区高校野球県大会は第3日の20日、高松市生島町のオリーブスタジアムほかで2回戦4試合と3回戦3試合があり、高松商がシード1位の丸亀城西を破って8強入りしたほか、シード2位の尽誠と高松東が準々決勝に進んだ。ベスト8入りは高松商が8年連続50度目、尽誠が5年連続31度目、高松東が9年ぶり9度目。
【→高校野球特集】

 3回戦に入ったオリーブスタジアム第1試合の丸亀城西―高松商は、投打に互角の接戦。高松商は六回に捕逸で勝ち越し、右腕高尾が終盤のピンチを切り抜け、2―1で逃げ切った。

 第2試合は、高松東が5本の長打を含む12安打で10点。初の8強を狙った笠田に五回コールド勝ちした。

 第3試合は、尽誠が序盤に挙げた3点を堅守で守りきり、必至に食い下がる高松南を3―1で退けた。

 県営第二球場では第2試合で3連覇を狙う三本松が登場。左腕宮崎が13奪三振の力投、無失策の堅守にも支えられ3―1で志度に競り勝った。

 第1試合は石田が六回に4長短打などで一挙6点を奪い津田に8―2で快勝した。志度球場の第1試合の観音寺中央―高松西は、両チーム無得点で迎えた延長十二回、観音寺中央が無死満塁からサヨナラスクイズを決め1―0で高松西を振り切った。

 第2試合の観一―琴平は、地力に勝る観一が五、六回に本塁打2本を含む10安打を集め、9―0の七回コールドで琴平を退けた。

 大会は23日に再開。オリーブスタジアムで3回戦3試合がある。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.