天気予報を見る
 
新聞購読申込

県大会に備え 高野連審判部が講習会

2004/06/22 09:49

 夏の高校野球香川大会の開幕を約3週間後に控え、県高校野球連盟(会長・宮川住雄高松商高校長)は20日、高松市生島町のオリーブスタジアムで審判講習会を開いた。

 本番を思わせるような強い日差しが差す中、同連盟審判部(小西康雄委員長)所属の約30人が参加。昨秋の県大会を制した三本松、準優勝の香川中央ナインの協力を得て、ストライクゾーンや、打球に応じて複数の審判が同時に動くフォーメーションなどを入念にチェック。挟殺プレーや盗塁では、きわどい判定に対して各審判員が意見をぶつけ合っていた。

 小西委員長は「最後の合同練習。選手が気持ちよくプレーできるよう、ミスのないジャッジに磨きをかけたい」と話し、各審判員の動きに一つ一つ注文を付けていた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.