天気予報を見る
 
新聞購読申込

1、2部でプレーボール−高松市民早朝野球

2004/05/19 09:36

高松市民早朝野球が開幕。試合前にあいさつを交わす選手ら=南部運動場
高松市民早朝野球が開幕。試合前にあいさつを交わす選手ら=南部運動場

 早起きナインが一堂に集う高松市民早朝野球大会(高松市軟式野球連盟、四国新聞社、西日本放送主催)は18日、高松市の南部運動場など6会場で1、2部が開幕、参加177チームによる約4カ月間の大会がスタートした。

 雨のため1日遅れとなった初日は、1、2部の6試合があり、32チームが争うトップレベルの1部の開幕戦は、ぱすてるはうす―JR四国ANORAXのカード。互いに一歩も譲らず2―2のまま七回を終了。開幕戦にふさわしい好試合となったが、抽選の結果、ぱすてるはうすが2回戦に進んだ。

 大会は1、2部が6会場で土、日曜と祝日を除く平日の午前5時50分から1試合ずつ消化。3部は22日、シニアは6月5日、オールドシニアは7月31日にそれぞれ熱戦がスタートする。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.