天気予報を見る
 
新聞購読申込

女子K4で出場権−カヌー五輪アジア予選

2004/05/15 10:48

 カヌー・レーシングのアテネ五輪アジア地区最終予選第1日は14日、石川県小松市木場潟カヌー競技場で男女計6種目を行い、日本は女子カヤックフォア五百メートルで1位となり、五輪出場権を獲得した。

 北本忍(富山県体協)、鈴木祐美子(奈良県体協)、竹屋美紀子(山形・谷地高教)、足立美穂(埼玉県協会)で組んだ日本はスタートからリードし、2位のウズベキスタンに1艇身以上の差をつけて逃げ切った。4選手がそのまま代表に決まった。

 男子は中国勢が4種目を制した。県勢の小林圭吾(大正大=坂出工高出)が出場したカヤックフォア千メートルの日本は5位だった。今大会では各種目1位の国・地域に五輪出場権が与えられる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.