天気予報を見る
 
新聞購読申込

混戦必至−18日、高校選抜剣道県予選

2004/01/17 09:37


 剣道の全国高校選抜大会県予選は18日、高松桜井高に男子17校、女子14校が出場して別表の組み合わせで行われる。優勝校が全国大会(3月27、28日・愛知)に出場する。

 組み合わせは、男女とも昨年11月の県新人大会の4強をシードした。

 男子は混戦模様。新人大会で初優勝し、勢いに乗るシード1位の高松桜井、総合力の高い2位の高松西のほか、まとまりのある高松南、高松商のシード勢が続くが、ノーシード校も優勝を狙う力は十分。4連覇を狙う琴平、地力のある尽誠や高松中央、志度などもあなどれない。

 女子は4連覇を狙うシード1位の高松商が軸。1年生3人の若い布陣だが、新人大会団体で8連覇し、自信を深めた。続くのは、旧チームのメンバーが多く残る高松桜井。新人大会決勝では代表戦の末に高松商に敗れたが、力は互角。このほか、シードの高松一、琴平をはじめ、高松南、坂出なども上位争いに絡みそう。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.