天気予報を見る
 
新聞購読申込

井内と武井が受賞−学生野球協会表彰

2004/01/10 09:44

 日本学生野球協会は9日、2003年度の表彰選手73人(大学生26人、高校生47人)を発表。県関係では、四国学院大の井内勝己主将、香川西高の武井則近主将が選ばれた。

 表彰の対象は高校、大学の各連盟から推薦された今春卒業予定の野球部員。井内主将は四国学院大の中心打者として四国六大学リーグ6季連続優勝などに大きく貢献。武井主将も昨夏、甲子園初出場を果たした香川西高の中軸としてチームを支えた。

 大学では早大の竹内智一学生コーチらを選出。学生コーチの受賞は初めてで、受賞理由としては選手の健康管理など献身的に努力し、昨秋の東京六大学リーグ戦で、早大では史上初の4連覇、10戦全勝の陰の功労者となったことが挙げられた。高校では、昨夏の甲子園大会で初優勝した常総学院(茨城)の松林康徳主将らが選ばれた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.