天気予報を見る
 
新聞購読申込

県選抜20位台照準−全国女子駅伝

2004/01/09 09:56

 新春の都大路を駆け抜ける第22回全国都道府県対抗女子駅伝は11日、西京極陸上競技場を発着点とするコース(9区間、42・195キロ)に47チームが出場して行われる。県選抜は昨年、順位(13位)タイム(2時間20分40秒)ともに県勢最高をマーク。今年は中高生の大半が2年生だけに、昨年と比べ戦力ダウンは否めないが、チーム一丸となって20位台を目指す。
 
 目安となるタイムは2時間24分台。クリアするには序盤、中盤、アンカーに配した4人の実業団選手の踏ん張りがカギを握る。
 
 1区宮井(豊田自動織機=津田高出)と2区真鍋陽(四国電力)で好位置を確保できるか。宮井は社会人1年目だが、佐倉AC・小出義雄代表の指導で着実に力を付けた。海外トレーニングを積むなど練習量は十分。安定した走りで15―20位につけ、真鍋陽が順位をキープ、流れをつかみたい。
 
 3区は2年連続で真鍋(紫雲中)。4区宮谷(丸亀高)は積極的なレース運びが身上。粘り強くつないで30位前後を確保できるか。
 
 5区高井(四国電力)は3年連続出場と経験豊富。6区垣見(英明高)は2年生ながら、昨年の全国高校駅伝1区で19位に入った実力者。ともに本調子ではないが、着実に順位アップを狙う。
 
 初出場の7区出井(高松高)と8区立岡(丸亀東中)は、後半の勝負強さが持ち味。最後は、県女子長距離界のエース真鍋裕(四国電力)が締めくくる。
 
 真部監督(英明高校長)は「力は30位程度。もっと上を狙うには、実業団勢が、若い選手を勢いづける走りができるかどうかにかかっている」と奮起を促している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.