天気予報を見る
 
新聞購読申込

駅伝県選抜、教育長に健闘誓う

2004/01/08 09:46

 全国都道府県対抗駅伝(女子第22回=11日・京都、男子第9回=18日・広島)に出場する男女県選抜の監督、代表選手らが7日、高松市天神前の県教委を訪れ、惣脇教育長に健闘を誓った。

 訪問した県選抜は、男子の村越忍監督(四国電力)や女子の真部卓一監督(英明高校長)松下範生コーチ(四国電力)をはじめ、二川進哉(高松商高)小林亮(英明高)真鍋陽子(四国電力)垣見優佳(英明高)の各選手。

 選手を代表して男子の小林は「一人ひとりが目標を達成できるよう頑張りたい」と話し、女子の真鍋は「郷土の誇りをもって任された区間を一生懸命走りたい」と抱負を語った。

 惣脇教育長は「日ごろ鍛えた力を存分に発揮し、悔いのない、思い出に残るレースにしてほしい」と激励。

 初めて指揮を執る村越監督は「苦戦を強いられそうだが、郷土愛をつくしチーム一丸で頑張りたい」と選手の奮起に期待を寄せ、真部監督は「目標は2時間24分台。経験豊富な実業団勢が若い選手を引っ張ってほしい」と話していた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.