天気予報を見る
 
新聞購読申込

川西(香川ク)初V-全日本フェンシング

2003/12/16 09:45

 フェンシングの全日本選手権は14、15の両日、埼玉県蓮田市総合市民体育館で男女フルーレの個人戦、サーブルの団体戦などを行った。県勢は女子フルーレ個人で川西真紀(香川ク)が初優勝を飾った。川西は団体と合わせ、3種目でタイトルを獲得。15日のサーブル団体では、男女とも香川クラブが8強に入った。

 女子フルーレ個人で先の世界選手権日本代表の川西は終始、落ち着いた試合運びで順調に勝ち上がった。準決勝で同じ日本代表の菅原智恵子(宮城ク)に15―14。決勝では、同団体で準優勝した大阪市信用金庫のエース竹田久仁香を15―6で退けた。

力を抜いて集中
 エペ、フルーレ団体に続く3つ目のタイトル。女子フルーレ個人を制した川西(香川ク)は「この種目は絶対に勝ちたかった。本当にうれしい」と声を弾ませた。

 準決勝の相手は、同じ日本代表の菅原(宮城ク)。「練習でも勝ったことのない相手」(川西)だったが、「どうしても勝ちたくて対策を練ってきた」。狙い通り中盤までにリードを奪ったが、残り2秒で追いつかれ、1分間の延長戦に突入。「気持ちを切り替え、力を抜いてリラックスすることだけに集中した」と川西。巧みに相手の剣をかわし、引き際の一撃で勝利を手にした。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.