天気予報を見る
 
新聞購読申込

長尾2年ぶり頂点 NHK杯軟式野球

2002/04/28 09:55

【6年決勝・長尾コンドルズ―豊中】長尾コンドルズ3回裏1死三塁、田村のスクイズで三走・大野が生還、2点目を挙げる。捕手は大西竜=牟礼町民球場
【6年決勝・長尾コンドルズ―豊中】長尾コンドルズ3回裏1死三塁、田村のスクイズで三走・大野が生還、2点目を挙げる。捕手は大西竜=牟礼町民球場

 長尾、2年ぶりの頂点―。小学生のNHK杯県学童軟式野球大会(県軟式野球連盟主催、四国新聞社など後援)は最終日の27日、牟礼町の牟礼町民球場で5、6年の決勝を行った。6年は長尾コンドルズが豊中スポーツ少年団に2―0で競り勝ち、2年ぶり2度目の優勝、参加111チームの頂点に立った。5年は太田南オークスジュニアが、粘る木太ベアーズジュニアを3―1で振り切り、10年ぶり2度目の栄冠に輝いた。

 6年決勝は長尾が二回、敵失から1点を先制。三回には大野の中堅への三塁打を足場に、田村のスクイズで1点を加えた。右腕植原が再三、走者を許しながらも、要所を締めて完封勝ちした。

 5年決勝は、太田南が一回、伊藤の左越え二塁打などで一挙3点を先取。木太も四回、安田の中前適時打で1点を返したが、あと一歩及ばず、太田南が逃げ切った。

 6年を制した長尾は大鳴門橋大会(8月17―21日・鳴門市)、2位の豊中は、しまなみ学童大会(8月10―12日)にそれぞれ出場する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.