天気予報を見る
 
新聞購読申込

松野、中浜が3回戦へ−全日本卓球

2001/12/19 09:53

 卓球の全日本選手権は18日、東京武道館で開幕し、女子シングルスで66歳の伊藤和子(エクセディ)が1回戦で高森路恵(札幌大)を3―2で下し、シングルスの大会通算最多記録を99勝に伸ばした。元世界選手権団体優勝メンバーの伊藤は、5年ぶりの勝利で「夢の100勝」が期待されたが、2回戦は0―3で敗れた。

 男子ダブルスで過去3度優勝の中田幸信(東京アート)田崎俊雄(協和発酵)組は1、2回戦を順当に勝ち上がった。

 県勢は、男子ダブルス1組と女子シングルスに3選手が出場。男子の谷本満・大津圭貴組(健勝苑香川)と女子の松野香織、中浜美由紀の百十四銀行勢2人がそれぞれ初戦の2回戦を突破、3回戦に進出した。

 開会式で選手宣誓を務めた青森山田中1年の福原愛(ミキハウスJSC)は、19日の女子ダブルス2回戦から登場する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.