天気予報を見る
 
新聞購読申込

東原が好記録でV−小学生陸上県予選

2001/07/02 11:03

 陸上の全国小学生交流大会県最終予選(四国新聞社など後援)は1日、丸亀市金倉町の県立丸亀競技場に県内3ブロックの予選を勝ち上がった男女約400人が出場して12種目を争った。

 トラックの百メートル6年男子は、香川貴洋(飯山南)が12秒99で快勝、昨年の5年の部に続いて連続優勝した。同女子は東原早織(中讃ク)がスタートから抜け出し、昨年の県学童ランク1位に相当する13秒71の好記録で頂点に立った。

 フィールドでは、女子走り幅跳びの篠原依里(大野原)が6本目に4メートル65を跳び、2位以下を大きく引き離して優勝した。

 各種目の1位が全国大会(8月25、26日・東京)に出場。複数出場ができず、女子走り幅跳びは1位の篠原が四百メートルリレーを選択したため、2位の石見弥美(山田)が繰り上げ出場する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.