必勝誓う/カマタマ、ゴールデンウイーク3連戦

2016/04/28 09:45

 

北九州戦に向け調整する山本(右)=高松市東部運動公園

北九州戦に向け調整する山本(右)=高松市東部運動公園

 J2・9位のカマタマーレ讃岐は、29日の第10節から3連戦に臨む。第1戦は、午後1時から香川県丸亀市金倉町のPikaraスタジアムで21位北九州と対戦する。前節は愛媛に0―1で敗戦。大事な連戦の初戦で連敗は避けたいだけに、北野監督は「北九州のゆっくりとしたリズムに合わせるとやられる。ボールを奪ったら前へ前へという速いテンポのサッカーで戦いたい」と意気込む。

 過密日程を迎える上で、カマタマーレはFW我那覇やDF砂森らけが人が復帰したのは明るい材料。対する北九州は開幕戦の白星以降、8戦未勝利が続くが2トップは力があり、北野監督も「誰が出ても強烈」と警戒を強める。

 カマタマーレは愛媛戦で3試合ぶりの無得点に終わった。今週は縦への攻めを意識する練習を積んでおり、チーム最多4得点のMF仲間は「思い切ってぶつけていくだけ。(連戦なので)勝ち点3を取り、良い入りをしたい」と必勝を誓った。

 また、今節はMF山本が今季初先発しそう。守備の引き締めを期待される背番号26は「相手の特徴を抑えながら戦う。北九州はゆっくりパスを回すイメージなので、奪ってから素早い攻撃につなげたい」と闘志を燃やす。

 5月3日の第11節は午後4時から10位千葉と千葉県のフクダ電子アリーナで対戦。同月7日の第12節は同1時から首位の町田をホームで迎え撃つ。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459