J2カマタマ2015 今季の主役たち(2)MF岡村和哉

2015/02/25 09:38

 

 「ポジションが変わってもやりにくさはなかった。監督の求めることと自分の考えをかみ合わせていつも新鮮だった」。本職のボランチにセンターバック(CB)と両サイドハーフ。昨季はシーズンを通してユーティリティーな才能を遺憾なく発揮した。

 「器用貧乏にならないようにしたい」と前置きしながらも、「自分は一つのポジションにこだわって試合に出られないよりは、どこでも試合に出たい方」とも。柔軟に頭を切り替え、チームの潤滑油として働き続けた。

 プロ5年目の昨季。リーグ3253分の出場時間はチーム3番目の長さ。熊本、長崎ではJリーグでほとんど出場機会がなく、三つ目のクラブでJの主力の座をつかんだ苦労人でもある。だからこそ、「出て当たり前という感覚はない。いつも試合に出られるうれしさがあった」。ピッチに立つ喜びを、これからも忘れることはない。

 今季も正直なところ、対戦相手やチーム事情によって、「監督が思うように使ってもらえればいい」ときっぱり。その言葉通り、けが人の影響でCBが手薄な状況もあって、大分との開幕戦に照準を合わせ、意欲的にCBに取り組んでいる。

 昨季終盤の水戸戦。1対1の局面で何度も相手からボールをもぎ取る姿からは、Jで何年もプレーしている風格さえ漂った。確かな自信を得て臨む今季、さらなる飛躍の年にするつもりだ。

略歴
 おかむら・かずや 岡山県出身。 セレッソ大阪U―18、大阪学院大を経てJ2熊本に入団。J2長崎から2013年夏、カマタマーレに加入し、J2昇格に貢献。昨季はリーグ戦39試合に出場し3得点。27歳。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459