カマタマ開幕4月以降/JFL

2011/03/15 09:35

 

 サッカーのカマタマーレ讃岐が初参戦するJFLは14日、東日本大震災の影響で開催困難になっている今季公式戦について、13日の第1節に続き、今月開催予定の第2、3節も全試合中止すると発表した。これでリーグ開幕は4月以降にずれ込む見通しとなった。

 リーグは理由として、まだ余震が続いていることや、電力供給の不足から地域ごとに交代で電気を止める「計画停電」を実施している現状を踏まえ、スタジアムや来場者の安全確保などを考慮したとしている。

 代替日程、中止となる試合の入場券の取り扱いは未定。カマタマーレは20日の第2節に高松市生島町の県営球技場でホーム開幕戦を行う予定だった。クラブ事務局は「今後、クラブとして被災された皆さまに何ができるかを考え、実行していきたい」としている。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459