天気予報を見る
 
新聞購読申込

カマタマ、ホームで大一番 首位浮上かけ直接対決 あす北九州戦、堅守崩せるか

2019/05/18 09:21

北九州との首位攻防戦へ向け調整する竹内(右)=Pikaraスタジアム
北九州との首位攻防戦へ向け調整する竹内(右)=Pikaraスタジアム

今節のカマタマ放送
今節のカマタマ放送

 J3第9節のカマタマーレ讃岐は19日午後1時から丸亀市金倉町のPikaraスタジアムで首位北九州と対戦する。勝ち点差なしの2位につけているカマタマーレにとって首位浮上の絶好のチャンス。上村監督も「ファンの期待に応えるのはプロとしての使命。結果を出す」と必勝を誓う。

 北九州は鋭いカウンターや厚みのあるサイド攻撃に加え、リーグ最少の4失点という堅守が最大の特長。DFラインでは、昨季までカマタマーレに在籍した岡村が存在感を発揮している。

 カマタマーレは相手の堅い守備網を突破するため、いかに連動した動きで隙をつくれるかが鍵となる。その上で、好機を確実に仕留める決定力が求められる。前節でJリーグ初得点を挙げたMF池谷は「空いてくるスペースはある。みんなと意識を共有し、決めるところを決めたい」。FW重松も「チームのシュート本数は増えている。遠めから打つなど、一人一人が考えながらプレーしたい」と意気込んでいる。

 リーグはまだ前半戦だが、今節は今季のターニングポイントになってもおかしくない大一番。主将のDF竹内は「試合の持つ意味は大きい。集中して臨みたい」と言葉に力を込めた。

 西日本放送は同日午後1時から、北九州戦をテレビで生中継する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.