天気予報を見る
 
新聞購読申込

カマタマが初受賞 J2フェアプレー賞

2018/12/08 09:29

 Jリーグは7日、今季の優秀選手30人を発表し、J1で2連覇した川崎からMF家長、中村、大島、FW小林ら最多となる10人が選出された。鹿島はMF三竿健、FW鈴木ら5人が名を連ねた。J1の優秀監督賞は札幌を4位に躍進させたペトロビッチ監督が選ばれた。カマタマーレ讃岐がJ2フェアプレー賞を初受賞した。

 最優秀選手賞やベストイレブンは、この30選手から決定して18日の年間表彰式、Jリーグ・アウオーズで発表され、若手選手に贈られるベストヤングプレーヤー賞は13日に決まる。

 フェアプレー賞高円宮杯はC大阪、最優秀育成クラブ賞は横浜Mが初受賞。J2の優秀監督賞は大分を昇格させた片野坂監督、最優秀主審賞は佐藤主審に決まった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.