天気予報を見る
 
新聞購読申込

カマタマ、降格圏決定的 J2リーグ

2018/11/01 09:19

【カマタマーレ―町田】自力でのJ2残留がほぼ不可能となり、肩を落とすカマタマーレの選手=Pikaraスタジアム
【カマタマーレ―町田】自力でのJ2残留がほぼ不可能となり、肩を落とすカマタマーレの選手=Pikaraスタジアム

 明治安田J2第35節最終日(31日・Pikaraスタジアム=1試合)カマタマーレ讃岐は町田と1―1で引き分けた。勝ち点を31に伸ばしたが、J3自動降格圏の21位は変わらない。カマタマーレは3試合を残して、残留圏の20位岐阜、直接対決を残す19位京都との勝ち点差はともに9。仮に岐阜、京都が残り3戦を全敗し、カマタマーレが3連勝して勝ち点で並んでも、現在、得失点差で両チームとは20点以上の開きがあるため、自力でのJ2残留は現実的にはほぼ不可能となった。次節は3、4の両日に各地であり、カマタマーレは4日、丸亀市金倉町のPikaraスタジアムで17位栃木と対戦する。

第35節最終日
(2)ピカスタ(町田1勝1分け)
カマタマーレ讃岐7勝10分け22敗(31) 1(0―0)1 町田19勝12分け8敗(69)
                       (1―1)
▽得点者【カ】佐々木匠(3)【町】土居(2)
▽観衆 1780人

 【評】カマタマーレは先制も実らずに引き分けに終わった。

 決定機は多かった。前半1分にはFW佐々木匠のパスに反応して抜け出したFW森川がシュートを放ったが枠外。4分後の左CKからの森川のヘディングシュートはGKに防がれた。後半はさらに圧力を高め、待望の先制点は22分。右サイドからMF渡辺がクロスを送り、こぼれ球を拾った佐々木匠がゴールネットを揺らした。

 しかし、後半39分に相手DFの裏へ抜け出した森川のシュートがポストに嫌われ、直後にカウンターから失点した。

先制も守り我慢できず 町田に1―1
 肌寒い夜のスタジアムに、試合終了を告げる無情のホイッスルが響いた。J2残留へ必勝を期したカマタマーレは痛恨のドロー。サポーターらは言葉を失い、選手たちはピッチ上で肩を落とした。

 「全ての責任は私にある」。試合後の会見では、北野監督がうつろな表情で自らを責めた。

 ハードワークが強みの相手に対し、運動量でも球際の攻防でも引けを取らなかった。そして後半22分にはFW佐々木匠が先制ゴール。残留へ希望をつないだかに見えた。

 しかし、勝ちが見え始めた後半40分。カウンターから失点し、逃げ切りに失敗。結局、試合を通してあった複数の得点機を決め切れず、最後は守りで我慢できなかった。佐々木匠は「今年を象徴するような試合」とうなだれ、森川も「自分が決めていれば。申し訳ない」と声を振り絞った。

 J2自力残留の可能性は数字上は残っているものの、得失点差を考えれば現実的ではない。ただ、J3の状況次第では生き残る可能性はある。

 残り3試合。選手たちができることは闘志を失わずに戦うことだ。主将のMF高木は「あしたから気持ちを切り替え、しっかり準備して戦う」。応援してくれるサポーターらを思い浮かべながら、プロとしての意地を口にした。

カマタマのJ2残留条件
 今季のJ2、J3チームの入れ替えは、J2最下位の22位と、21位の両チームがJ3に自動降格となる一方、J3の上位2チームがJ2に昇格する。ただし、J3のチームにJ2リーグへの参加資格となるクラブライセンスがない場合は、2位以内でも昇格できない。

 31日現在、J3の上位は首位が琉球(勝ち点60)、2位鹿児島(48)、3位群馬(47)、4位沼津(45)と続く。このうち、J2ライセンスを持っていないのは沼津のみ。仮にカマタマーレがJ2の21位でシーズンを終え、J3で沼津が2位以内に入った場合はカマタマーレはJ2残留となる。

勝つ姿見せたい
 カマタマーレ讃岐・北野誠監督の話 
きょうみたいな気持ちの入ったゲームを今までの39試合できれば強いチームだが、できないのがうちの現実。残り3試合、ファンに勝つ姿を見せたい。

高い集中力発揮
 町田・相馬直樹監督の話
 お互い中2日の試合だったが、どちらも非常に高い集中力を発揮していた。マイボールをもう少しいい形で運び、相手に嫌がられる配球や走りができればよかった。

ピッチサイド
 MF渡辺
(先制点につながるクロス)久しぶりの試合。タッチ数が多くない中、質のいいパスが出せればと思っていた。失点はミスが重なった。

 DF岡村(右肩痛の中でフル出場)チーム全体がハードワークでき、町田も嫌そうだった。すぐ次の試合がある。気落ちせず、上げていきたい。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.